うなじ脱毛おすすめナビ(*´∀`*) > 脱毛サロン > 男性が意外と好きな女性のパーツ、「うなじ」の魅力とは?

男性が意外と好きな女性のパーツ、「うなじ」の魅力とは?

男性は、意外なところに女性の魅力を感じていた?

世間の多くの男性を惹きつける女性のパーツとして、首の後ろの部分である「うなじ」が挙げられます。
しかし、うなじは、ショートヘアーの人でもない限り、普段は髪の毛によって隠されているので、女性はあまり気にしていない部分なのではないでしょうか。
男性はうなじの何がいいと感じ、そしてどんなうなじを理想としているのでしょうか。

実は、男性を対象にとった「女性の魅力を感じる身体の部位ランキング」では胸や脚、お尻などとともに不動の人気を得ている場所、それがうなじです。
「襟足の生え際がきれいな人がいい」、「ポニーテールなどで髪をアップにしたときのまっすぐな首のラインが素敵」、「髪をかき上げたときにちらっと見えるうなじにドキッとする」などの声が多いようです。
このように、女性のうなじには想像以上のパワーが潜んでいるのですね。

その一方で、うなじは「女性のムダ毛を見てがっかりした部位ランキング」でも上位をキープしている部分でもあるのです。
「うなじの毛が濃くてショックだった」、「ワンピースから見えた背中の産毛にびっくりした」、「うなじに吹き出物や毛があるとがっかりする」など、耳をふさぎたくなるような辛辣な意見もチラホラ。
男性は、意外と女性のうなじを良く見ているのです。

浮世絵から学ぶ?美しいうなじの条件とは

うなじの魅力は現代に限ったことではありません。
実ははるか昔江戸時代から、「女性のうなじは魅力的な部分だ」という認識がありました。
特に、うなじがはっきりとした形をしている人が、美人だとされていたようです。

日本を代表する芸術作品である浮世絵、菱川師宣の「見返り美人」でもそうですが、美人画と呼ばれる女性が描かれた浮世絵のほとんどが、横顔や後姿を描いたものなのです。
女性の顔を正面から描いた作品は非常に少なく、この時代の絵師たちは「うなじ」や「髪の毛の生え際」を描くことで奥ゆかしさや気品といった女性ならではの美しさを表現していたのでしょう。

「あまり見られない部分だから」という理由で、現代の女性は後回しにしがちなうなじのケアですが、せっかく魅力的な部分ですので、毎日のお手入れで美しさをキープしたいものですよね。
難しいことはしなくても、今まで気にしていなかったムダ毛を処理するだけで、うなじはグンと魅力的に変身するはずです。
「自分ではみえないから自分で処理できない!」、そんな方はうなじの脱毛も視野に入れてみてくださいね。

みなさんも、魅力てきな後姿を手に入れるために、うなじケアをはじめてみませんか?