うなじ脱毛おすすめナビ(*´∀`*) > 脱毛サロン > 痛くない!?脱毛なら脱毛ラボ

痛くない!?脱毛なら脱毛ラボ

脱毛に痛みはつきもの、そんなイメージをお持ちの方は多いですよね。
実際、一般的に広く使われている脱毛器具は、その構造上痛みを伴ってしまいます。
ところが!“脱毛ラボ”の脱毛は、全く痛みを感じないという声が多いのです。
なぜ“痛くない”のでしょうか。

一般的に痛みを感じる脱毛器具は、光やレーザーを使います。
脱毛箇所に照射すると、光は毛の細胞(黒い部分)に反応して、そこにダメージを与えます。
これを毛の生え変わる周期に合わせて行うことで、毛の細胞が徐々に弱り、最終的に生えてこなくなるという仕組みです。
しかし、このとき多くの人が感じてしまうのが“痛み”。
この痛みの原因は、光が毛の細胞にダメージを与える時に生まれる“熱”なのです。

HT100_350A

肌質によっては、この熱で火傷をしてしまうなどのトラブルも起こります。
対処法として冷やしたジェルを塗布したり、保湿したりして肌へのダメージを軽減させてはいるものの、肌自体にダメージを与えてしまうのに変わりはありません。
どうしてもこの方法では、皮膚にもダメージが残ってしまいます。

脱毛ラボはこうしたデメリットを克服するために、S.S.C.(制毛)という器具を扱っています。
S.S.C(スムーススキンコントロールメソッド)も、一般器具同様に光を使うのですが、その内容は全く違います。

この器具から照射される光(クリプトンライト)は、毛根ではなく、専用ジェルに反応します。
ですので、お肌に熱が通るといったことがないのです。
この光と専用ジェルが、毛の育つ力を弱めていくことで、生えてこなくさせるという脱毛です。
お肌にダメージを残さずに脱毛できるので、多くの人に支持されています。

しかし、リーズナブルな価格で脱毛を提供している分、その他の部分でコストカットをしているため、綺麗なお店でリフレッシュしたい!という方には合わないかもしれません。

特に、冷暖房。
こちらをコストカットしている店舗が多いと口コミでも話題です。
脱毛をする時は、脱毛箇所を露出しますよね。
全身脱毛になった場合などは、寒い部屋で全裸…ということになってしまいます。
こういった脱毛以外のサービスを気にする方には、あまりおススメ出来ないかと思います。