うなじ脱毛おすすめナビ(*´∀`*) > 脱毛サロン > VIOの気になる部分もピュウベッロでキレイにしましょう!

VIOの気になる部分もピュウベッロでキレイにしましょう!

VIOラインの気になる女性は多いですよね。
ピュウベッロはこのVIOラインをもっとも得意とする美容サロンです!
V=ビキニライン、I=股の間、O=お尻周囲のムダ毛処理は、自分でも難しいものです…。
カミソリで処理するとちくちくしたり、抜いてみたら鳥肌のように肌が荒れてしまう…なんてことも。

ピュウベッロはこのVIOの脱毛を総称して「ハイジニーナ」と呼んでいます。
これは“衛生的な女性”つまり、VIOのムダ毛処理を完了した女性という意味です。
アンダーヘアーは雑菌が溜まりやすい場所ですし、かといって処理もしにくい場所です。

しかも、VIOラインの脱毛は肌の性質上、かなり痛いです!!
どうしてワキや足に比べてVIOラインが“痛い”のでしょうか?

HT200_350A

それは、VIOゾーンの肌はとても繊細で柔らかいからです。
加えて部位を守るために他の部分より濃い毛が生えているので、脱毛の時に痛いのです。
VIO脱毛に一般的に広く使われている脱毛器具の大半はどれも“痛み”を感じてしまいます。
その“痛さ”から挫折してしまうという話はよく聞きますよね。

それなら「どこでやっても同じなんじゃ…」と思われる方も多いようです。
実はこの“痛み”を増長させてしまう一因に、スタッフの「テクニック」いわば勉強不足があげられます。
場馴れしていないスタッフと、経験豊かなスタッフでは雲泥の差がありますよね。
この点ピュウベッロのスタッフは定期的に研修を受けているので、そのスキルが下がるのを防ぐことができています。
何より日本エステティック協会の認定エステティシャンが多く在籍しているので、新米エステティシャンたちも高度な技術に触れることが出来るのです。
VIOはとてもデリケートな部分ですから、こうした専門知識の高いスタッフがいると安心ですね。

また、脱毛を取り扱っている多くの店舗でも、医療機関が提携しているところはそう多くありません。
ピュウベッロには、脱毛に不安を感じている方にも挑戦しやすいように、ドクターサポートがあります。
これなら、もともと肌の弱い人やアレルギー体質の方も、自分のお肌と相談しながら脱毛にチャレンジできますよね。
しかも使用する器具はヨーロッパで普及されている一般脱毛器具なので、通常よりも痛みを軽減できるんです。

しかし、人によっては難点もあるようです。
私の友人はピュウベッロに通っていたのですが、転勤の事情があり、支店を移動しました。
その時、個人情報の引き継ぎが全くされておらず、かなり手間取ってしまった…ということがありました。
やはり人気店ですので、こうしたトラブルは起きてしまうのでしょうか。
結局、引継ぎはできたので、そのまま脱毛を続けていますが、脱毛以外のサービス向上が期待されます。
担当のカウンセラーとよく相談して、気持ちのいい脱毛をしたいですね。